top of page

【10月シアトルの住宅市場データ】

発表されたシアトルの10月の住宅市場データから、シアトル近郊では、在庫月数は現在1.7ヶ月~1.9ヶ月となっています。

現在、ニュートラル寄りのセラーズマーケット(若干の売主優位)になっています。

2022年と比較すると、中間価格は前年比で多少下がったもののほぼ横ばい、2019年と比較すると30~40%上昇しています。

売り出しから1週間以内に売却された住宅は、オファーが多く入り約10%も高値で売却されています。これからクリスマスシーズンに入る為、マーケットがスローになる傾向がありますが、今後の市場予想をお待ちください。




(資料提供:マーク北林氏、記事執筆:パシ・コムグローバル)


 

bottom of page