top of page

【11月全米住宅販売数予想&シアトルのデータ】

7~8年ぶりに季節(HOLIDAY SEASON)のスローダウンを感じています。(11月半ば~1月半ば) 全米で見ますと対年で35%の売買件数の減少にもかかわらず、価格は対年で3.5%の上昇となっています。在庫数も増えましたが、通常ノーマルのマーケットと比べるとまだまだ60%位です。シアトル近郊は全米で一番価格が落ちたと言われていますが、まだまだ在庫不足です。2023年は住宅金利が落ち着けば、また買いが増えると予測しています。価格、売買件数はほぼフラットでいくと思います。全米内ではマーケットによっての違いが一層深まると思われます。


(記事執筆・資料提供:マーク北林氏・NAR&NWMLS)



 

ブログ内容についてのご質問、不動産に関するご相談などありましたら、パシ・コムグローバルにお気軽にお問い合わせください。global@pacicom.co.jp / 03-5474-7400



閲覧数:18回
bottom of page