コンドミニアムの管理費が高いのはなぜ?


コンドミニアムなど集合住宅を検討する時、管理費がいくらかによって月々の住居費の負担やローンを借りられる金額が異なります。

物件によって管理費にかなり差がありますが、どういったケースが高いのでしょうか?

集合住宅の管理組合は、HOA=Home Owner's Associationと呼ばれます。

管理費のことは、HOA Dueと言いますが、ロサンゼルスでは、同じくらいの大きさの2ベッドルームだとしても、$300くらいから、上は$1500くらいまで金額はまちまちです。

まず、HOA Dueに含まれるものは一般的に

・ランドスケープの管理メンテナンス

・プール、ジムなどの共用部分の管理メンテナンス

・建物の躯体・構造に対する保険

・共用部分に使われる光熱費

などになりますが、HOAによってはさらに水道、ガス、インターネットなどの費用が含まれることもあります。

HOA Dueが高くなるのはどういうケースに多いかを挙げると

・共用部分が豪華で管理メンテナンスコストが高くなる

・ゲートや室内に受付の人を配置したり、24時間コンシェルジュサービスなどを提供していると人件費分が高くなる

・地震保険に加入している場合

・総戸数が少ないため一世帯の分担金額が高くなる

・築年が古く、大規模修繕コストの余剰金を増やす必要がある場合

などです。

HOA Dueが低い物件のメリットは毎月のコストを抑えられることです。

一方注意が必要なのは、大規模修繕の積み立て費用が充分な金額でなかった場合、理事会の決議を経て、各ホームオーナーから数万ドルずつを特別に追加徴収することになるようなケースもあります。

集合住宅の購入の際にはエスクロー期間中にHOAの規定やファイナンスの書類が提供されますので、しっかり内容をレビューして運営状態をチェックすることが大切です。


Reported by 西川ノーマン裕子



ブログ内容についてのご質問、不動産に関するご相談などありましたら、パシ・コムグローバルにお気軽にお問い合わせください。global@pacicom.co.jp / 03-5474-7400

116回の閲覧

           

運営会社  プライバシーポリシー  お問い合わせ

  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

©2018 PACI・COM CO.,LTD. All rights reserved.