マイアミ不動産マーケットのスローダウン (Downshift of Miami Residential Market)

最終更新: 2018年12月25日


マイアミでは、新築コンドミニアムのマーケットを中心に、”スローマーケット”が続いています。マイアミデード郡では、売り残るコンドミニアムの数が大幅に増えてきており、マイアミMLSによると1ヶ月の市場への供給件数がなんと58ヶ月分(約5年分)に膨れ上がっています。ラグジュアリー層、500万ドル(約5億5千万円)以上の物件は、96%の物件が値引きをして売却されています。しかし、値引き額はまだまだわずかで現在の時点では、平均して約5%以下となっています。最近では、新しい建設予定物件のキャンセルが目立ちはじめました。今の所、低価格物件の販売は順調で、高額ラグジュアリー物件が売れ残ってきています。

歴史的に、一般的なマーケットのサイクルは6年から8年と言われ、これから販売価格及び売却数が下降する予想がされます。これから先、少なくとも1-2年の間は、世界各国からの投資家による購入が増えるでしょう。


*The Real Deal Miami 参照。


Reported by HIRO 住田

41回の閲覧

           

運営会社  プライバシーポリシー  お問い合わせ

  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

©2018 PACI・COM CO.,LTD. All rights reserved.