マイアミ賃貸物件の値段上昇率はアメリカ第一位

更新日:9月26日

アメリカの50大都市メトロポリタンエリアの家賃は、中間値が2020年12月から2021年12月までで平均して19.3%上昇しました。(https://www.realtor.com/) その中でも最も上昇した都市は、マイアミで12ヶ月で平均して49.8%高となっています。


マイアミに続いて上昇率の高いのは、タンパ、オーランド、ジャクソンビル、サンディエゴ、ラスベカスなどとなっており、いずれも25%高となっています。


マイアミ郡では、家賃の急上昇を少しでも食い止めるために5%以上上げる場合は、少なくとも60日前から通知をしなければならないという規制もできましたが、まだまだこの上昇傾向は続くようです。



閲覧数:14回