ワシントン州西部の住宅販売動向

2020年第3四半期の住宅販売は、新型コロナウィルスの影響による第2四半期から回復してきています。


住宅契約物件数:

第2四半期と比較して29%増加


住宅価格:

価格の伸びは前年比17.1%と著しく上昇(平均価格611,793ドル(約6,330万円))

第2四半期と比較して9.4%上昇

低い住宅ローン金利や限られた在庫数が価格を押し上げています。


在庫日数:

平均在庫日数は前年比2日減少(最もタイトな在庫日数は平均16日)

第2四半期と比較すると、在庫日数は平均4日減少

著しく低い在庫レベルと大幅な需要の増加が在庫日数に影響を与えています。

高い需要、有利な金利、供給の少なさから、明らかにワシントン州西部は売り手市場であるといえます。


Reported by マーク北林、真 / パシ・コムグローバル

ブログ内容についてのご質問、不動産に関するご相談などありましたら、パシ・コムグローバルにお気軽にお問い合わせください。global@pacicom.co.jp / 03-5474-7400

42回の閲覧

           

運営会社  プライバシーポリシー  お問い合わせ

  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

©2018 PACI・COM CO.,LTD. All rights reserved.