columbus-1936113_1920.jpg

Columbus

コロンバス エリアの特徴

<基本情報>

オハイオ州人口:1169万人

コロンバス市人口:89万人

シアトル市面積:217 km²

カナダとの国境に近いアメリカ西北部のワシントン州に位置するシアトル。

日本から直行便が出ていて、所要時間は約9時間とアメリカ本土の中で最短なため、仕事や留学、旅行や観光で訪れる日本人も多い。日本のスーパーやレストラン、書店などが充実していて、日本人が親しみやすく住みやすい大都市となっている。シアトルの気候は穏やかで、海や湖、山や森などが多く、自然に恵まれた環境が魅力的である。テクノロジーとコーヒーの街として知られるシアトル地域は、マイクロソフトやスターバックス、ボーイングやアマゾン等の世界的な企業を生み出している。

コロンバスの魅力

日本から近く、気候も親しみやすいシアトル

日本から一番近いアメリカ本土といえば、シアトル。直行便で約9時間と近いため日本人も多く、日本食のレストランやスーパーなども身近にあるため大変住みやすい。気候は夏は涼しく、平均気温は8月で25℃/14℃、冬の寒さはそれほど厳しくなく12月で8℃/2℃と過ごしやすい。冬には雨が多いことで知られるが、雨量は958mm(東京1592mm)でこの雨のおかげで春には美しい緑に囲まれ、過ごしやすい気候を楽しめる。

IT企業が盛ん、第2のシリコンバレー

教育水準が高く、高いスキルを持った人材が豊富なシアトルには、アマゾンやマイクロソフト、アップルやグーグルといった沢山の世界的IT企業が新しく拠点を設けており、高所得者の移住が進んでいる。その他、シアトル発の企業は多く、代表的なものにアマゾンやマイクロソフト、コーヒーチェーン最大手のスターバックスやタリーズ、航空機産業を代表するボーイング社、米国最大級の不動産サイトZillow、消費者向けビジネスのコストコなどがある。

まだ住宅物件の価格が安く、安定した賃貸マーケット

アメリカの不動産サイトTruliaによると、シアトルの中間価格は$698,000とまだ価格が安いことが分かる。サンフランシスコの中間価格$1,140,000、ロサンゼルスの$740,000と比較すると、シアトルが他の西海岸の大都市に比べまだお手頃なのが一目瞭然だ。また、シアトルには大手企業の本社や拠点が点在するのに加え、西海岸最大の陸軍、海軍、空軍の軍事拠点が揃っているため、賃貸マーケットも安定している。

           

運営会社  プライバシーポリシー  お問い合わせ

  • Facebook - Black Circle
  • Instagramの - ブラックサークル

©2018 PACI・COM CO.,LTD. All rights reserved.