シアトル不動産マーケット近況

シアトル近郊のマーケットは7月に入り売買は少しスローダウンしましたが、相変わらずの在庫不足による価格高騰が続いています。投資として考えると価格が上がっているのはプラスですが、物件が不足している、2-3日で出値より5-10%高で契約に至っているなどの状況を考えると海外からの投資はきちっと予習をして素早く行動にでる必要があると思います。このパターンは少々のアジャストはあるとしても数年続きそうです。添付いたしました中間価格チャートをご参照下さい。(KING-シアトル、PIERCE-タコマ、THURSTON-オリンピア、SNOHOMISH-エバレット)

Reported by Mark Kitabayashi

ブログ内容についてのご質問、不動産に関するご相談などありましたら、パシ・コムグローバルにお気軽にお問い合わせください。global@pacicom.co.jp / 03-5474-7400

46回の閲覧